でぃぶろぐ

生物系の博士就活・研究生活・英語勉強法について

学振申請書についてのアドバイス

こんにちは、でぃです。

本日の記事は「学振の申請書についてのアドバイス」です。

 

私はDC2で申請して、面接免除で通りました。

経験則ではありますが、申請時に気をつけたことを書きます。

 

就活の際に出した研究概要は、学振申請書を少し変えただけなので、

就活する人にも是非読んでもらえたらと思います😌

 

 

1.学振申請書はいつから準備するべきか

学振の申請書締め切りは例年5月の中旬だと思います。

 

個人の見解ですが、

 

・何を書くか決まっていて、その内容で文章を書いたことがある人最低2ヶ月前

・何を書くか決まっていて、申請書の類を書くのが初めての人最低3ヶ月前(つまりもうすぐ

・何を書くか決まっていないけど、申請書の類は書いたことがある人最低3ヶ月前(つまりもうすぐ

・何を書くか決まっていなくて、申請書の類も書いたことがない人最低4ヶ月前(つまり今

 

には準備を始めた方が良いと思います。

 

私の場合、書き始めたのは締め切り3週間前。

忘れもしない、あれは博士後期課程2年の4月も終わる頃でした。

突然思い立ったように、

 

 

教授「でぃさんさぁ、学振出してくれない」

でぃ「(?!)え、い、今から書き始めるんですか?締め切り確か来月半ばでしたよね?」

教授「まあいいじゃん、書けるでしょ」

 

 

『全然よくないじゃんだし、今まで頼んでも書かせてくれなかったくせに~!!!』

と憤慨しながらも、ゴールデンウィークと土日返上でごりごり書いたのを覚えています。

 

 

私はリーディングプログラムでこれまで申請書や報告書を書いていたのと、

話の流れは固まっていたので何とかなりましたが、

その経験がなければまず完成は無理だったなぁと思います。

 

 

2.学振申請書の準備

 

準備と言っても何したら良いのよって感じですよね。

 

まずは、研究室の過去の学振通った人と落ちた人のファイルを集めましょう。

もし、自分がラボで初めての申請者だった場合、大学に学振支援センターがあるかもしれません。

過去の学振を閲覧できるところもあるので、そういうサポートがあるか確認してみましょう。

 

とにかく、どういう書き方をしているのか、を知ることが大事です。

 

次に、先生との相談を必要としないところから書いていきます

まっさらな状態より、ある程度埋まっている方が『あとこれだけだ、頑張ろう』と思えるので、とりあえず書けるところは埋めていきましょう。

書く内容が決まっていない人は、研究業績や自己評価から、

内容が決まっている人は今までの結果から書いていきましょう。

 

あとは、できるだけ早く先生と話をして、申請内容を決めましょう

 

3.学振申請書を書く!

 

さて、先生との話合いも終えました。

あとは書いて、修正されて、直して、修正されての無限ループ∞です。

頑張っていきましょう💪

 

◎読みやすさに一工夫

 

書き方はラボや個人の好みがあると思うので、私がここで強調したいのは、

読みやすさです。

 

審査の先生方は一度に複数の申請書を審査します

ニッチな研究している人は特に、読むのに苦労する文章ではまともに読んでもらえないと思った方が良いです。

なので、読んでみようかなと思わせることが大事です。

 

具体的に、「読みやすさ」で私が気をつけたことは、

 

1. 文章は短くする

👉端的に書くことを心がけましょう。

一つの文に入れる情報量を多くしすぎないように。

 

2. 主語と述語はきちんと書く

👉当たり前ですが、何がどうなのかはストレスなく理解したいものです。

 

3. 文章中に下線を引く

👉そこだけ読めば大意が伝わるようにしました。

 

4. 申請書の両端は隙間をあける

👉端から端まで文字を詰めるとめちゃめちゃ読みにくいので。

 

5. 文字は小さくしすぎない

👉読む人が頑張らなくても読めるくらいにしましょう。

私は本文は10.5、レジェンドは9、図の中の文字は8ポイント程度にしました。

 

6. 視覚情報を入れる

👉図は積極的にいれましょう。

私は「これまでの研究状況」に4つ、

「これからの研究背景」に1つ、

「研究目的・内容」に3つ、

「年次計画」にも1ついれました。

 

✨他の研究者の方からのアドバイス ✨(190202追記)

ツイッターで読みやすい申請書についてたくさんのコメントをいただきました!

合わせて参考にしてみてください☺

 

・文字サイズは11や12ポイント (pt)が良い(老眼の先生方は10.5 ptが読みづらい

・段落内の行間を1 ptくらい詰めて、段落間を少し開ける

・改行した後にもう一度改行する

・各項目の見出しの行間を0.2-0.5 ptにしてぱっと見でわかるように

左右余白は広めに

キーワードを太字、下線で強調

 

必ず先生や学生の人に読みやすいかどうか聞いてみましょう!

文字サイズについては苦労なく読めるかどうか教授に確認しましょう!

 

 

◎業績に自信がない人へ

 

私の業績は、

・英文論文 ファースト1

・日本語総説 1

・学会発表(ポスター) 国際1、国内3

・特許1

 

のみです。

論文のIFインパクトファクター)は4ないくらいですし、

あまりにお粗末なので、学会発表には先生が発表して自分の名前が入っているものも含めて無理やり3つにしたほどです。

 

ではどこで自分をアピールするか。

👉自己評価です

 

書き方は色々あると思いますが、私は「研究職を希望する動機」で、

・研究することの意義

・目指す研究者像

専門分野の重要性(←個人的にはこれ大事かなあと思います。)

・自分の研究テーマにおける熱

をアピールしました。

 

また、「自己評価する上で特に重要と思われる事項」には、

自分が主張した「研究することの意義」に結びつける形で

リーディングプログラムのことや、大学でのサークル活動について書きました。

 

自己評価については、ESを書くのが得意な友人に見てもらいました

 

◎印刷すること

必ず印刷して紙の状態で確認しましょう!

文頭がガタガタしていたり、誤字を見つけたりするのには紙媒体の方が見つけやすいです。

 

4.おわりに

結局審査するのは人です。

あなたを国のお金で研究させてあげようと思うかどうかは、内容だけでなく、

読む人の立場に立って書けているかどうかが重視されていると、私は思います。

 

諸々の締め切りにはくれぐれも注意して、頑張ってください!

質問や相談があれば、いつでもコメントや質問箱 (https://peing.net/ja/4dei7)、

twitterのDMでお問い合わせください😊📩

 

 

✨ブログ紹介✨ (190207 追記)

けんゆーさんの学振まとめ記事です!

実際の申請書を閲覧できるサイトや、他の方の学振関連記事についても多数記載されていますので、是非こちらのブログも読んでみてください。

kenyu-life.com