でぃぶろぐ

生物系の博士就活・研究生活・英語勉強法について

留学・海外インターン準備:CVの書き方(実例)

こんにちは、でぃです。
留学や海外インターンシップに参加しようと思っている方に向けて
私が実際に提出したCVをご紹介しようと思います。
ドイツで2ヶ月間研究インターンシップをするために書いたものになります。

 

CVとは履歴書という意味ですが、
Curriculum Vitae(ラテン語)の略で、直訳するとCourse of Life、人生の道筋、という意味だそうです。
かっこいいですね。
発音する時はそのまま「シーブイ」です。

 

CVを提出する時にはカバーレターが必要です。
カバーレターについてはこちらの記事を参考にしてみてください↓

dei.hateblo.jp

 

CVの書き方(実例)

さて、これが私が提出したCVです。 
A4 1枚で提出しました。

f:id:deihakase:20190118162832j:plain

CVの例

個人情報は消してありますが、全体図はこんな感じです。
#は数字を、Xは文字だと思ってください。

 

1. 個人情報

本来CVは日本の履歴書と違って写真、生年月日、宗教、性別、国籍は不要
むしろ書かない方が良いです。
仕事に関係のない、情報で選別されることを防ぐためです。

 

なので、私のCVにあるような生年月日や国籍は書くべきではないとは思いますが、
今回は日本の仲介機関を通じて応募したため、書いています。

 

2. 学歴

新しい順に書きましょう。

3. 資格類

私は英語と実験スキルについて書きました。
英語の資格については海外でも使われているものを書きましょう(受けましょう)。
主にはTOEFL iBTIELTSだと通用すると思います。
交換留学などで日本人との交流がよくある大学だと、TOEICも伝わるかもしれません。

 

4. 研究に対するモチベーション

今見るとカバーレターに書いても良かったかなあと思います。


5. 研究業績と6. 発表業績

自分の名前の下にはアンダーラインを引きます。
こちらも新しいものから
まだ掲載されていないものであればin pressと書きましょう。

 

7. 奨学金

私はリーディングプログラムでお金をもらっていたので、そのことについて書きました。

 

8. 活動や趣味

英語関連のサークルに入っていたので、英語力をアピールするために書きました。
また、自分の人柄を表したかったので趣味についても書きました。

 

よければ参考にしてみてください😊